カール・バルト(その生涯と神学の総体像)を理解するためのサイト

『教会教義学 神の言葉U/2  第2章 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』

 

『教会教義学 神の言葉U/2 第2章 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』記事一覧

◎1の1.『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』

『教会教義学 神の言葉U/2 第2章 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』吉永正義訳、新教出版社に基づく1の1.『教会教義学 神の言葉U/2 第2章 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』(3-40頁)再推敲・再整理版です。「十六節 神のための人間の自由――一 聖霊、啓示の主観的実在」(3-40頁) バルトは、次のよ...

≫続きを読む

 

◎1の2.『教会教義学 神の言葉U/2 第2章 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』(3...

1の2.『教会教義学 神の言葉U/2 第2章 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』(3-40頁)再推敲・再整理版です。「十六節 神のための人間の自由――一 聖霊、啓示の主観的実在」(3-40頁)(2)第一の形態の神の言葉であるイエス・キリスト自身(「啓示ないし和解の実在」そのもの)を起源とする第二の形態の神...

≫続きを読む

 

◎1の3.『教会教義学 神の言葉U/2 第2章 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』

1の3.『教会教義学 神の言葉U/2 第2章 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』(40-76頁)再推敲・再整理版です。「十六節 神のための人間の自由――一 聖霊、啓示の主観的実在」(40-76頁) バルトは、次のように述べている。(4)「われわれの第一の主張」は、「その主観的な実在の中での神の啓示は、啓示...

≫続きを読む

 

◎1の4.『教会教義学 神の言葉U/2 第2章 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』

1の4.『教会教義学 神の言葉U/2 第2章 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』(40-76頁)再推敲・再整理版です。「十六節 神のための人間の自由――一 聖霊、啓示の主観的実在」(40-76頁) 教会的な「行為」は、聖礼典(洗礼と聖餐)だけでなく、教会的な「語り」(言葉)――すなわち教会の宣教(説教と聖...

≫続きを読む

 

2の1.『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「神のための人...

2の1.『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「神のための人間の自由――聖霊、啓示の主観的可能性」(77−104頁) バルトは、先述したことにおいて、啓示の主観的実在について、次のように述べていた。その啓示の主観的実在は、啓示の客観的実在そのものが持つ啓示に固有な証明能力――すな...

≫続きを読む

 

2の2.『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「神のための人...

2の2.『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「神のための人間の自由――聖霊、啓示の主観的可能性」(104−119頁)(2)「聖霊の注ぎ」によって、「神の啓示」(啓示の客観的現実性、啓示の客観的実在)が「人間の身におよぶこと」、すなわち啓示の客観的実在それ自体が持つ啓示に固有な証...

≫続きを読む

 

2の3.『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「神のための人...

2の3.『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「神のための人間の自由――聖霊、啓示の主観的可能性」(120−146頁)(3)「聖霊の働きの本質的なもの」・「直接性」は、@私たちが、「一人の主」なる神をのみ、「主として持つ自由」を私たちに与えるがゆえにそのように告白することを要求す...

≫続きを読む

 

5.『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「宗教の揚棄として...

カール・バルト『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「宗教の揚棄としての神の啓示(その3−1)」(147−179頁)引用文中の(≪≫)書きは、私が加筆したものである。また、既出の引用については、その文献名を省略している場合がある。(論述における様々な重複は、今後も含めまして、それ...

≫続きを読む

 

6.『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「宗教の揚棄として...

『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』吉永正義訳、新教出版社に基づくカール・バルト『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「宗教の揚棄としての神の啓示(その3−2)」(180−233頁)引用文中の(≪≫)書きは、私が加筆したものである。また、既出の引用については...

≫続きを読む

 

7.『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「宗教の揚棄として...

『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』吉永正義訳、新教出版社に基づくカール・バルト『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「宗教の揚棄としての神の啓示(その3−3)」(234−301頁)引用文中の(≪≫)書きは、私が加筆したものである。また、既出の引用については...

≫続きを読む

 

8.『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「神の子らの生活(...

『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』吉永正義訳、新教出版社に基づくカール・バルト『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「神の子らの生活(その3−1)」(302−321頁)引用文中の(≪≫)書きは、私が加筆したものである。また、既出の引用については、その文献名...

≫続きを読む

 

9.『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「十八節 神の子ら...

『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』吉永正義訳、新教出版社に基づくカール・バルト『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「十八節 神の子らの生活」「二 神への愛(その3−2)―1」(322−352頁)引用文中の(≪≫)書きは、私が加筆したものである。また、既出...

≫続きを読む

 

10.『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「十八節 神の子...

『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』吉永正義訳、新教出版社に基づくカール・バルト『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「十八節 神の子らの生活」「二 神への愛(その3−2)―2」(352−382頁)引用文中の(≪≫)書きは、私が加筆したものである。また、既出...

≫続きを読む

 

11.『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「十八節 神の子...

『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』吉永正義訳、新教出版社に基づくカール・バルト『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「十八節 神の子らの生活」「三 神の讃美(その4−1)」(383−401頁)引用文中の(≪≫)書きは、私が加筆したものである。また、既出の引...

≫続きを読む

 

12.『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「十八節 神の子...

『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』吉永正義訳、新教出版社に基づくカール・バルト『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「十八節 神の子らの生活」「三 神の讃美(その4−2)」(401−438頁)引用文中の(≪≫)書きは、私が加筆したものである。また、既出の引...

≫続きを読む

 

13.『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「十八節 神の子...

『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』吉永正義訳、新教出版社に基づくカール・バルト『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「十八節 神の子らの生活」「三 神の讃美(その4−3)」(439−482頁)引用文中の(≪≫)書きは、私が加筆したものである。また、既出の引...

≫続きを読む

 

14の1.『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「十八節 神...

『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』吉永正義訳、新教出版社に基づくカール・バルト『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「十八節 神の子らの生活」「三 神の讃美(その4−4)」(482−491頁) ――了――引用文中の(≪≫)書きは、私が加筆したものである。ま...

≫続きを読む

 

14の2.『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「十八節 神...

『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』吉永正義訳、新教出版社に基づくカール・バルト『教会教義学 神の言葉U/2 神の啓示<下> 聖霊の注ぎ』「十八節 神の子らの生活」「三 神の讃美(その4−4)」(482−491頁) ――了――引用文中の(≪≫)書きは、私が加筆したものである。ま...

≫続きを読む