本当のカール・バルトへ、そして本当のイエス・キリストの教会と教会教義学へ向かって

「カール・バルト――Wikipedia」および「新正統主義――Wikipedia」の記述にある、バルトの思想に関する記述内容は、客観的に言って正しいだろうか?記事一覧

論述1「カール・バルト――Wikipedia」および「新正統主義――Wikipe...

「カール・バルト――Wikipedia」および「新正統主義――Wikipedia」の記述にある、バルトの思想に関する記述内容は、客観的に言って正しいだろうか?(5−1) 「Wikipedia」というメディア的な普遍性と組織性の後光を装備した「カール・バルト――Wikipedia」および「新正統主義―...

≫続きを読む

 

論述2「カール・バルト――Wikipedia」および「新正統主義――Wikipe...

「カール・バルト――Wikipedia」および「新正統主義――Wikipedia」の記述にある、バルトの思想に関する記述内容は、客観的に言って正しいだろうか?(5−2)(3)「Wikipedia」作者は、ここでもまた、バルトを、弁証法的な区別を包括した同一性において把握し理解するではなく、すなわちそ...

≫続きを読む

 

論述3「カール・バルト――Wikipedia」および「新正統主義――Wikipe...

「カール・バルト――Wikipedia」および「新正統主義――Wikipedia」の記述にある、バルトの思想に関する記述内容は、客観的に言って正しいだろうか?(5−3) バルトは、1968年『シュライエルマッハー選集への後書』(『神学者カール・バルト』「シュラエルマッハーとわたし」)を書いているのだ...

≫続きを読む

 

論述4「カール・バルト――Wikipedia」および「新正統主義――Wikipe...

「カール・バルト――Wikipedia」および「新正統主義――Wikipedia」の記述にある、バルトの思想に関する記述内容は、客観的に言って正しいだろうか?(5−4)(D)「Wikipedia」作者の言うバルトは「晩年に自身の出発点である近代神学に回帰していると言えるのである」、「この関連で、エミ...

≫続きを読む

 

論述5「カール・バルト――Wikipedia」および「新正統主義――Wikipe...

「カール・バルト――Wikipedia」および「新正統主義――Wikipedia」の記述にある、バルトの思想に関する記述内容は、客観的に言って正しいだろうか?(5−5) さて、単一性・神性・永遠性を本質とする三位一体の神の第二の存在の仕方であるまことの神にしてまことの人間イエス・キリスト(起源的な第...

≫続きを読む