本当のカール・バルトへ、そして本当のイエス・キリストの教会と教会教義学へ向かって

プロフィール

豊田忠義
1947年名古屋市生まれ
日本キリスト教団所属の教会の一教会員
青山学院大学文学部神学科卒業
名古屋市立大学大学院人間文化研究科博士前期課程(人間文化専攻)修了
2008年4月定年退職 退職後の時間を利用して、カール・バルトと吉本隆明等の本を読んでいます。
拙著:『全キリスト教、最後の宗教改革者 カール・バルト』キリスト新聞社、新書版256頁・1,050円
本の目次章構成:
まえがき
序論― バルトを単純に根本的にそしてトータルに把握するための八つの視座について
第一章 バルトのほんとうの読み方・ほんとうの分かり方
T バルト対―エーバーハルト・ユンゲル、大木英夫、佐藤優
U バルト対―滝沢克己、八木誠一
V バルト対―富岡幸一郎
IV バルトの根本的なヘーゲル哲学批判
第二章 バルト神学の根本構造
第一節 全キリスト教、最後の宗教改革者カール・バルト
T 宗教改革書としての『ルートヴィッヒ・フォイエルバッハ』および『福音と律法』
U バルト対―ベルトールト・クラッパートとパネンベルク、 寺園喜基と北森嘉蔵
V バルト対―吉永正義
IV バルト対―倉松功
X 吉本隆明の親鸞論をめぐって
第二節 バルトの「超自然な神学」に基づく根本的な自然神学的聖霊論批判
T バルト対―ルドルフ・ボーレンとエンゲマンと佐藤司郎・小泉健
II バルト対―喜田川信とモルトマン
第三章 聖書の歴史認識の方法
T バルトの根本的なブルトマン神学批判
U バルトにおける聖書の歴史認識の方法
あとがき