カール・バルト(その生涯と神学の総体像)を理解するためのサイト

このホームページの志向性について

【「ウィキペディア」であれば、最善最良の神学を構成したバルトの生涯と神学の総体像を永年保存できると考え、今回「カール・バルト(その生涯と神学の総体像)」のウィキペディア」への投稿を行ったのですが、私の考え方とは違って、「ウィキペディア」では、先ず以てカール・バルト自身の言葉(思惟と語り)を尊重するという立場が、また客観的な正当性と妥当性を尊重するという立場が、さらには「百科事典」という性格上からか学問的思想的な批判的精神も軽視されているように感じました。例えば、私は確信をもって言うことができますが、今回の私の「カール・バルト(その生涯と神学の総体像)――ウィキペディア」と「カール・バルト――ウィキペディア」を比較衡量すれば、客観的な正当性と妥当性は、私の記事にあることは確実であると考えています。しかし、私の記事は「独自研究」だとして掲載を拒否されました。「拒否」されること自体は、向こう側の基準によるので致し方ないことなのですが、「ウィキペディア」においては全く以て明らかな根本的包括的な原理的な誤解・誤謬・曲解が散見される「カール・バルト――ウィキペディア」が通用しているということに驚きを感じました。全く以て明らかな根本的包括的な原理的な誤解・誤謬・曲解(このことは、下記のバルト自身の著作と蘇の「訳者あとがき」を読めばすぐに分かります)は、次の点にあります。すなわち、「カール・バルト――ウィキペディア」にあるそれは、客観的な正当性と妥当性をもって、先ず以ては処女作の概念をもった上でバルト自身の著作に即して彼の処女作を確定することもしないままに、またバルトの最晩年の『シュライエルマッハー選集への後書』(邦訳J・ファングマイヤー『神学者カール・バルト』「シュライエルマッハーとわたし 1968年」)を精読し理解しないままに、またそれからJ・ファングマイヤー『神学者カール・バルト』加藤常昭・蘇光正共訳の「訳者あとがき」(蘇光正)も理解しないままに、バルトは「晩年に自身の出発点である近代神学に回帰していると言えるのである」と記述している点にあります。この記述には、全く以て明らかな根本的包括的な原理的な誤解・誤謬・曲解があるにも拘らず、恣意的独断的な「独自研究」とはならず、掲載可能であるというのです。しかし、私のようにカール・バルトの主要著作の言葉(思惟と語り)や彼を論じた神学者たちの言葉(思惟と語り)や蘇の言葉(思惟と語り)に即して、出来得る限り客観的な正当性と妥当性をもって論じようとしている記事は、「独自研究」に該当するから、掲載拒否の対象となるというのです。もしかしたら、私の批判的論調が掲載拒否の対象となったかもしれません。しかし、私自身は、批判的論述を行う場合、否定のための否定ということを意味しているのではなくて、ヘーゲルやマルクスやバルトや吉本隆明におけるような否定的媒介という意味で(否定的に媒介するという意味で)、すなわち包括し止揚するという仕方で、今よりもさらにより高い認識の段階へと、今よりもさらにより良い認識の段階へと向かいたいという願いを込めています。したがって、私は、「カール・バルト――ウィキペディア」の「ノート」で、その執筆者に対して、バルト自身の最晩年の『シュライエルマッハー選集への後書』(邦訳J・ファングマイヤー『神学者カール・バルト』「シュライエルマッハーとわたし 1968年」)を精読し理解し、またJ・ファングマイヤー『神学者カール・バルト』の翻訳者のひとりである蘇光正の「訳者あとがき」も読んで、客観的な正当性と妥当性のある記述に修正されるように依頼したのですが、ずっと梨の礫であったため、今回「カール・バルト(その生涯と神学の総体像)」を「ウィキペディア」へ投稿することを決意しました。しかし、前述したように、客観的な正当性と妥当性を保つことを第一義とする私の論述方法は、「ウィキペディア」では「独自研究」に属するということなので、またこのホームページで継続して、バルト自身の著作に即した論述を積み重ねていきたいと考えます】

 

 カール・バルトは、客観的な正当性と妥当性とをもって、すべての自然神学を根本的に原理的に包括し止揚し克服するという仕方で、世界的に最高度に最善最良の神学を構成したカトリックを含めた全神学界におけるただ一人の<思想家>であると言うことができる。しかし、彼は、彼に対して肯定的あるいは否定的な神学者、牧師、著述家たち等によって、現在に至るまで多大な誤解と誤謬と曲解をされ続けている神学者でもある。この事情は、彼を人々に誤解させ誤謬させ曲解させ、さらには彼に迷惑をかけ続けることになるだろう。このような訳で、このページは、彼自身の主要著作を精読し理解するという仕方で、彼のその生涯と神学の総体像を明確に提起するためのものである。そして、このことを試みた私自身は、様々な思想的傾向、文化的傾向、近代主義等々との「混合神学」、総括的に言えば自然神学を目指すバルト主義者でも反バルト主義者でもない、ただバルト自身の主要著作に即してのみ論じて行くことを原則としているバルト者として、自分自身を自己認識し自己理解し自己規定している者である。何故ならば、論述対象がカール・バルトである時、その論述内容の客観的な正当性と妥当性を保証するものは、先ず以てはカール・バルト自身の主要著作の言葉(思惟と語り)に即したものであるかどうかという点にあると考えるからである。
 したがって、私は、バルトの主要著作に即した論述を、さらなる<再推敲>と<再整理>を積み重ねることによって、私の生涯が終わった後もバルト自身の言葉(思惟と語り)をより良い形で残して置きたいし、時間累積させていきたいと考える者である。したがって、このホームページは年払いの課金制だから残すことはできないので、今は、現存する下記の完全無料のライブドアのサイトの方に残して置きたいと考えている。したがってまた、今まで論じた『教会教義学』関係も、<再推敲>と<再整理>をするという仕方で残して置きたいと考えている。私のような者でも、客観的な正当性と妥当性とをもって、バルト自身を理解できるのであるから、私は、誰であろうとそのようにバルトを理解できると確信する。私のこのホームページの<後を>引き継でもらえる方があれば、今からでも一緒に自由を原則として研鑽して行きませんか。募集しています。
http://blog.livedoor.jp/lo_1_0o73xhd_5/(ブログURLは、サブドメイン名think-imagine-judge.blog.jp/となっています)

 

「ご意見」用メールアドレス:ktz-69vp_835_o0@jcom.zaq.ne.jp

 

【凡例】
(1) 引用文中の(≪≫)書きはすべて、私が加筆したものです。したがって、その加筆に疑問を感じた方は、当該引用文献に即してご自由にお考え下さい
(2) 既出の引用については、その文献名を省略している場合があります。ご容赦ください。
(3) 十分に注意はしておりますが、引用上等の不備がありました場合にはご容赦ください。
(4) 「indem」について、2017年3月12日以降、吉永正義訳の「……する間に」をすべて、井上良雄訳のように「……することによって」と引用し直しています。

 

拙著に対する「批評と紹介」――
 拙著:『全キリスト教、最後の宗教改革者カール・バルト』キリスト新聞社、2013年8月26日発行の「本・批評と紹介」:関田寛雄=日本基督教団神奈川教区巡回教師、青山学院大学名誉教授(一般財団法人キリスト教文書センター『[月刊]キリスト教書評誌』「本のひろば」2014年2月号)