本当のカール・バルトへ、そして本当のイエス・キリストの教会と教会教義学へ向かって

拙著の『全キリスト教、最後の宗教改革者カール・バルト』関係

拙著の『全キリスト教最後の宗教改革者 カール・バルト』関係記事一覧

はじめに(2−1)

拙著の『全キリスト教、最後の宗教改革者カール・バルト』について正直言えば、内容的な推敲不足を否むことはできませんので、この記事は、この拙著<以降の論述>との関連でお読みください。 このサイトを立ち上げた理由について書かせて頂けば、それは次の点にあります。先ず以て私は、一般信徒と牧師が共に、現在から将...

≫続きを読む

 

はじめに(2−2)

拙著の『全キリスト教、最後の宗教改革者カール・バルト』について正直言えば、内容的な推敲不足を否むことはできませんので、この記事は、この拙著<以降の論述>との関連でお読みください。 ここまで理解できれば、全キリスト教を、バルトの「超自然な神学」におけるキリスト教・教会の宣教・信仰・神学と、自然神学の系...

≫続きを読む

 

神学・知識の課題(3−1)

拙著の『全キリスト教、最後の宗教改革者カール・バルト』について正直言えば、内容的な推敲不足を否むことはできませんので、この記事は、この拙著<以降の論述>との関連でお読みください。 この課題は、言い換えれば、「すべての大学社会の神学、何らかの抽象を以って始められ何らかの空論に終わるところの神学」(バル...

≫続きを読む

 

神学・知識の課題(3−2)

拙著の『全キリスト教、最後の宗教改革者カール・バルト』について正直言えば、内容的な推敲不足を否むことはできませんので、この記事は、この拙著<以降の論述>との関連でお読みください。 世界的な神学者で牧師で思想家でもあるバルトも、その神学の認識方法および概念構成において、吉本と同じ問題意識を持っていまし...

≫続きを読む

 

神学・知識の課題(3−3)

拙著の『全キリスト教、最後の宗教改革者カール・バルト』について正直言えば、内容的な推敲不足を否むことはできませんので、この記事は、この拙著<以降の論述>との関連でお読みください。2)佐藤は、『右巻』で「究極的な救済をどう得るかという視座から宗教について考察」すると述べ、『左巻』では神学研究の本質と教...

≫続きを読む

 

カール・バルトのほんとうの読み方・ほんとうの分かり方

拙著の『全キリスト教、最後の宗教改革者カール・バルト』について正直言えば、内容的な推敲不足を否むことはできませんので、この記事は、この拙著<以降の論述>との関連でお読みください。 先ず以て、下記の事柄を押さえておくことが必要でしょう。 私たちは、一般のキリスト者だけでなく、キリスト教に興味関心のある...

≫続きを読む

 

カール・バルトのほんとうの読み方・ほんとうの分かり方――バルト対、エーバーハルト...

拙著の『全キリスト教、最後の宗教改革者カール・バルト』について正直言えば、内容的な推敲不足を否むことはできませんので、この記事は、この拙著<以降の論述>との関連でお読みください。 橋爪大三郎・大澤真幸の対談『ふしぎなキリスト教』の「あとがき」には、「『キリスト教入門』みたいな本なら、山ほど出ている。...

≫続きを読む

 

カール・バルトのほんとうの読み方・ほんとうの分かり方――バルト対、滝沢克己、八木...

拙著の『全キリスト教、最後の宗教改革者カール・バルト』について正直言えば、内容的な推敲不足を否むことはできませんので、この記事は、この拙著<以降の論述>との関連でお読みください。 私には、バルトに師事した滝沢克己は、西洋近代の洗礼を受けながら、一方でアジア的日本的な自然を原理として自然神学的なインマ...

≫続きを読む

 

カール・バルトのほんとうの読み方・ほんとうの分かり方――バルト対、富岡幸一郎

拙著の『全キリスト教、最後の宗教改革者カール・バルト』について正直言えば、内容的な推敲不足を否むことはできませんので、この記事は、この拙著<以降の論述>との関連でお読みください。 バルトは、自然神学的な神学群に属するアウグスティヌス、中世スコラ哲学の「キリスト啓示・自然啓示二元論」、「中世末期の人間...

≫続きを読む

 

バルトとルターの根本的かつ究極的な差異性

拙著の『全キリスト教、最後の宗教改革者カール・バルト』について正直言えば、内容的な推敲不足を否むことはできませんので、この記事は、この拙著<以降の論述>との関連でお読みください。 バルトは、1)『ヘーゲル』においては、神と人間との無限の質的差異を揚棄してしまったヘーゲルの根本的問題を、2)『福音と律...

≫続きを読む

 

バルトとボンヘッハーの神学的実存の根本的な差異性

拙著の『全キリスト教、最後の宗教改革者カール・バルト』について正直言えば、内容的な推敲不足を否むことはできませんので、この記事は、この拙著<以降の論述>との関連でお読みください。 クラッパートと寺園喜基は、「時代の現実との関連における神学」=「状況連関神学」について、それは、「キリストと同じ形になる...

≫続きを読む

 

バルトの根本的な自然神学的聖霊論批判――バルト対、ルドルフ・ボーレンと佐藤司郎と...

拙著の『全キリスト教、最後の宗教改革者カール・バルト』について正直言えば、内容的な推敲不足を否むことはできませんので、この記事は、この拙著<以降の論述>との関連でお読みください。シュライエルマッハーとの訣別: バルトは、「よい聖霊論」だったら、自然神学の系譜に属する「シュラエルマッハーおよびすべての...

≫続きを読む

 

啓示認識の可能性

拙著の『全キリスト教、最後の宗教改革者カール・バルト』について正直言えば、内容的な推敲不足を否むことはできませんので、この記事は、この拙著<以降の論述>との関連でお読みください。啓示の実在=イエス・キリストの名=啓示の客観的現実性、聖書の証言・証しおよび教会の客観的な信仰告白・教義としての啓示の「概...

≫続きを読む

 

バルトの根本的なブルトマン神学批判

拙著の『全キリスト教、最後の宗教改革者カール・バルト』について正直言えば、内容的な推敲不足を否むことはできませんので、この記事は、この拙著<以降の論述>との関連でお読みください。序論 神性を本質とするイエス・キリストにおける啓示=イエス・キリストにおける完了された究極的包括的総体的永遠的救済・救済史...

≫続きを読む